×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

村上春樹について

むらかみ はるき、1949年1月12日 - は、日本の小説家、米文学翻訳家。

1987年『ノルウェイの森』が、空前の大ベストセラーとなり、一般的にも認知される。その後、出せば必ず売れる作家の1人に数えられるようになった。作品は韓国、米国、台湾などでも絶大な人気があり、1980年代以降の日本文学、現代文学を代表する最も評価の高い文学者の1人である。

小説、エッセイ、 ノンフィクション の他、翻訳も手がける。翻訳文体の影響が見られる文章と、多彩な比喩に特徴がある。村上龍と共に「W村上」と呼ばれ、日本の現代文学の新しい世代の作家として注目を集める。
『ウィキペディア(Wikipedia)』⇒

関連するブログ・日記(RSS)

ブログや日記を紹介しています。ぜひご覧ください。

話題な男の来阪と、「村上春樹の朝食」な内田樹コラム。

私が記憶する限り、村上春樹がそのエッセイの中でサービスについて文句を言ったことがあるのはアメリカの保険会社の電話係くらいで、基本的には商業的なサービスについてはかなり寛大な人物であるように思われる。このレストランはその村上春樹 ...

大衆食堂と街と、なぜか村上春樹

1991年、文學界4月臨時増刊『村上春樹ブック』だ。そのなかに、「村上春樹とアメリカ作家たち」というコーナーがあって、レイモンド・チャンドラーに関する村上春樹の著述が載っている。それは、『海』82年5月号に掲載された、「「都市小説の成立と展開」 ...

[読書]『グレート・ギャツビー』、そして後書き

村上春樹訳『グレート・ギャツビー』を読んだ。村上さんはずっと以前から“『ギャッツビー』最高”と公言してきた人だ。本書の後書き「翻訳者として、小説家として--訳者後書き」でやはりこう書いている。 もし「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要 ...

レイモンド・チャンドラー著 『ロング・グッドバイ』

そして、今回、『長いお別れ』は、『ロング・グッドバイ』と名前を替え、村上春樹翻訳本として生まれかわった。村上春樹が『長いお別れ』の新訳本を出すという話は、以前から本人も公言していたし、彼がチャンドラーを敬愛しているということもよく知られ ...

[文学史]『ダンス・ダンス・ダンス』(1988年)

村上春樹の80年代にとっても同様の空間的イメージがやはり問題化され、そこに対抗する手法が提示されている。村上春樹的な結論として、それは踊り続けることである。踊ること、踊らねばならない、あるいは踊りを取り戻さなければならないという啓示とは、 ...

[本] 村上朝日堂はいかにして鍛えられたか ...

作者: 村上春樹, 安西水丸; 出版社/メーカー: 新潮社; 発売日: 1987/02; メディア: 文庫. 村上朝日堂はいかにして鍛えられたか. 村上朝日堂はいかにして鍛えられたか. 作者: 村上春樹, 安西水丸; 出版社/メーカー: 新潮社; 発売日: 1999/07 ...

スレジェネレーター

村上春樹風に語るスレジェネレーター. キーワードを入力すると以下のようなスレッドを生成します。 村上春樹風に都知事選について語るスレ; 村上春樹風にjkondoについて語るスレ; 村上春樹風に飯島愛について語るスレ. どうぞご利用ください☆

ロン・グッドバイ(レイモンド・チャンドラー)

もちろん、村上春樹が訳しているからということもあるのでしょうが、そういう表面的な部分ではないところでも、文章が非常に村上春樹に似ていると思います。つまりこれは、村上春樹がレイモンド・チャンドラーに大きく影響を受けたということだと思います ...

[グダグダ][脳内恋愛][コメレス]拍手とかで僕の描いた絵を ...

5:19 絵上手いですねどれくらい練習しているのですか? 4月12日 こないだアップしたのは、妹の写真を念写した物ですよー。絵じゃないですよー。 と、お決まりの電波はさておき。 ほめてくださってありがとうございます。気分がいいものです。 ...

大橋歩 画「村上ラヂオ」読みました

村上春樹って、文章上手ですね。珠玉のエッセイだと思います。こんな内容のブログをこんなわかりやすい文章で書けたらいいなって感じです。手元に置いて、文を書くときに参考にしたいくらいです。また、挿絵も品があります。 ...

健康を守るという社会生活の基本

村上春樹は「ダイエットを取入れている生き方」について,こう言う。 結局のところ,僕らのようにどこにも属していない人間は,自分のことはとにかく一から十まで自分で護るしかないわけだし,そしてそのためには,それがダイエットであるにせよ, ...

異なる世界

村上春樹訳でとても評判のいいこの作品も、まだ冒頭部分をさまよったまま。重すぎて持ち歩く気にもなれず、夜寝る前にチラ見するのですが、数ページ読むと深い眠りに落ちます。 でも、おもしろくないわけではなく、かなりいい感じです。 ...

写真つきメール

友人から村上春樹を表参道で見たっていう写真つきメールが送られてきた。 それで見てみたんだけど・・・ちっちゃいうえにボヤけてて全然わからん。 っていうか、あーゆー顔したオジサンなんていくらでもいるだろうし。 まぁただ、その友人は春樹の大 ...

[book] うさぎおいしーフランス人/安西水丸

村上かるたうさぎおいしーフランス人, 村上 春樹 安西 水丸 文藝春秋 2007-03 売り上げランキング : 2039 Amazonで詳しく見るby G-Tools 関連商品 ロング・グッドバイ 「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっ ...

[本]グレット・ギャッビー

読んだ印象としては、あとがきで本人も語っているとおり、村上春樹の作品の軸になったというのがよくわかる作品だった。内容自体が村上春樹の訳に合っていると思うし、80年前の作品だが違和感なく読めて、村上春樹の丁寧な仕事ぶりも実感した。 ...

村上ラヂオ /大橋歩

を、折を見て再読中の訳だけど、この小説はどちらかと言うと暴力的な表現が多く、その衝動にさいなまれる主人公の心が、とても危険に感じられる、村上春樹としては珍しい作品だと思っている。それでも、基本的にはその暴力を肯定している訳でなく、むしろ ...

「翻訳夜話」柴田 元幸

作家であり翻訳家である村上春樹氏と,大学教諭であり翻訳家である柴田元幸氏が行った3つのフォーラムを,本として収録したもの.「目からウロコ」な内容とまではいかなかったけど,僕が普段,「村上春樹の小説や両氏の翻訳の文章にそれぞれ感じている ...

聴く。

村上春樹作品に登場する全楽曲・アーティストを網羅して解説。そのうち印象的な12曲をオリジナルのギターアレンジでCDに収録。 【CD収録曲】 1.カリフォルニア・ガールズ 2.ホワイト・クリスマス 3.オン・ア・スロウ・ボート・トゥ・チャイナ ...

ついにサイン本、げっっっっと

村上春樹のサイン本です。 ついに見つけました。 今では世界的な作家になった. あの村上春樹のサインです。 前に古本屋で村上龍のサイン本を買った時、. 店の人が「これが村上春樹だったら大事なんですがね」と言っていましたが、 ...

アンダーグラウンド

そして、村上春樹は関係者に取材を申し込んでも、きちんと相手にしてもらえないことがたびたびあったと困惑していたが。身内の恥をさらさないというように行動するのではなくて、情報は公開されて広く共有するべきではないか、と主張している。 ...

好物 ?中川製作所?

本棚をいじっていたら、先日I氏と飲んでいて酔った末に、名前が出なかったカーヴァーの本が出てくる。 当節、の名訳ということで有名なカーヴァーだ。 その名訳も読んでみたいが、新刊本が買えない私である。 月末の雑事、安売りの米の購入、甲羅 ...

さん系の本

作者: , 安西水丸; 出版社/メーカー: 文藝春秋; 発売日: 2007/03; メディア: 単行本. さんのエッセイほんです。 短編なので、頭を休めるにはちょうどいい。 -ムラカミワールドの旋律-(CD付. 「」を聴く。 ...

『グレート・ギャツビー』 スコット・フィッツジェラルド著 訳

せっかくですから、フィッツジェラルドの名文と氏の訳を少し紹介しておきましょう。ほんの数行だけ取り出して比較しても、あまり意味はないのですが、生徒たちに教育訓練給付制度の違いがあるということ知ってもらうために、終盤の名場面の一部を抜き出してみ ...

[音楽]を聴く。

ほど日本のみならず、広く世界で読まれている作家は、かつての日本にはいなかった。文豪・漱石を凌駕する勢いだ。漱石は同時代に受け入れられ、死後その人気は増幅されている。は現代の漱石である、と言っても過言ではあるまい。 ...

は日本を美化してる!

『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』をはじめとした作品で韓国でも厚い読者層を持つ日本の小説家・(写真)。この文学に対し、「が文学を通じ、帝国主義日本の過去に免罪符を与えようとしている」との批判が提起された。 ...

のロング・グッドバイ

訳ロング・グッドバイのあとがきより. 清水俊二「長いお別れ」が名訳のほまれが高いだけに、村上新約も苦心したろうと思います。 この小説のなかの有名なことば 「さよならというのはわずかのあいだ死ぬことだ」 ...

トレーニング82日目 4月のスタート さんのこと

ぼくもご多分にもれずは学生のころよく読んだ。うーんちょっとThinkingTime。はいはい、それから「ノルウェイの森」から始まって、過去にさかのぼって「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」「ダンスダンスダンス」そして、「回転木馬のデッド ...

「これだけは、村上さんに言っておこう」

の「ひとつ、村上さんでやってみるか」(黄緑本)を先日本屋で見つけて(昨年発売されてたとは知らなかった・・・)早速購入、490の質疑応答を少しずつ楽しみながら読んでいる。 このシリーズはがホームページ上で募集した読者からの ...

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、米文学翻訳家。 概要京都府京都市生まれの兵庫県芦屋市育ち。住職の息子で国語教師でもある父と、大阪の商人の娘である母の間に生まれる。兵庫県立神戸高等学校卒業。 ...

の音楽にまつわるエッセイでスガシカオの事に触れてます【村上 ...

が去年発売した音楽にまつわるエッセイ集でスガシカオのことにも触れてます。 ちなみに、 スガシカオとは交友関係があるそうですよ。 本の題名は『意味がなければスイングはない』 → 意味がなければスイングはないを見てみる★ ...

、河合隼雄に会いにいく (文庫)

―「デタッチメント(無関心)」から「コミットメント(関心)」へ―という、『ねじまき鳥クロニクル』以前以後の、の作品を通しての、自分自身の社会に対する在り方の変遷が、心理学者である河合隼雄氏との対話で顕わになります。 ...

長編小説風の歌を聴け 1979 1973年のピンボール 1980 羊をめぐる冒険 1982 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド 1985 ノルウェイの森 1987 ダンス・ダンス・ダンス 1988 国境の南、太陽の西 1992 ねじまき鳥クロニクル 1 泥棒か ...

「の文学は日本の過去に・・・」(朝鮮日報)

「批判に対し、植民地支配の被害者として共感を持って受け入れることができる。しかし、都市的な感性や政治的喪失感などを通じ、(韓国人が)の世界観を内部に受容した部分もあるだけに、(文学を)自らの文脈に基づいて再構築 ...

・安西水丸『日出る国の工場』 72点

まあそういうものなのだが、しかし、のエッセイは、繰り返すようだけど意外と面白い。ただ、彼のユーモアのセンスだけは少しずれているとは思うが。なんとなくシュールなアメリカンジョークみたいなのが多いような気がする。 ...

「キャッチャー・イン・ザ・ライ」

名著「ライ麦畑でつかまえて」をが翻訳したものです。 の言葉はもはや語と言っても良いくらいに独特で確立されているのでこの作品も翻訳本というよりは、が書いた小説のようになっていました。 ...


その他項目